ソン・ヘギョ、チケット1000枚を寄付=釜山映画祭

女優ソン・ヘギョが、映画を通じて恵まれない人たちを支援する「シネマ
エンゼル」となる。

ソン・ヘギョ画像20131002a.jpg
貧困家庭の青少年たちを支援する女優ソン・へギョ



 ソン・ヘギョはファッション誌「ハーパース・バザー・コリア」、ファッション
ブランド「バーバリー・コリアン」の後援で行われたグラビア撮影を通じ
造成した基金で、釜山国際映画祭のチケット1000枚を購入、釜山地区の
恵まれない子どもたちに映画を見る機会を与えるため、映画祭側にこれを
伝達する予定だ。

 ソン・へギョは「釜山国際映画祭が、釜山地区の恵まれない子どもたちに
とってよい経験の場になればと思う。 映画祭の熱気に包まれた釜山で、
子どもたちが新たな世界の映画を通じて映画の新しい姿を発見し、映画祭に
賛同できる機会になればうれしい」とコメントした。

 2007年に発足した「シネマエンゼル」は、イ・ヒョンスン監督の提案で始まった。
これまでにパク・ヘイル、ソン・ガンホ、ファン・ジョンミン、アン・ソンギ、ユ・ジテ、
リュ・スンボム、カン・ヘジョン、コン・ヒョジン、ペ・ドゥナ、スエ、シン・ミナ、イ・
ナヨン、キム・ジュヒョク、シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、ハ・ジョンウ、キム・
ガンウ、チョン・ドヨン、イ・ビョンホン、イム・スジョン、チャ・スンウォンらが
参加している。


アン・イスル記者
STARNEWS/朝鮮日報日本語版 2013.10.02より


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。