ソン・ヘギョとカン・ドンウォンで夫婦役、『ドキドキ私の人生』出演確定

女優ソン・ヘギョと俳優カン・ドンウォンが映画『ドキドキ私の人生』に
キャスティングされた。

ソン・ヘギョ画像20131202a.JPG
17歳で母親になった主人公を演じる女優ソン・へギョ



 映画制作会社・家(チブ)は12月2日午前「カン・ドンウォンとソン・ヘギョ
『ドキドキ私の人生』の男女主人公に確定した」と伝えた。

 『ドキドキ私の人生』は17歳で子供をもうけた親と、17歳を前に世の中との
別れを覚悟することになる子供の話を描く。 キム・エラン作家の同名小説が
原作。先天性早老症にかかった少年と、自分よりも早く老いていく息子を見守る
若い夫婦の話を、軽快で明るい文体と大胆な視線で描き出した作品だ。 発刊
3ヶ月で14万部の販売部数を記録して話題になった。

 映画『ドキドキ私の人生』の演出は、『スキャンダル−朝鮮男女相悦之詞
『情事』などで知られるイ・ジェヨン監督がつとめる。 カン・ドンウォンとソン・
ヘギョ
が先天性早老症にかかった子供の両親を演じる。

 俳優カン・ドンウォンが演じる父親テスは33歳で16歳の息子を持つ
人物だ。 血の気が多く世間知らずのようだが息子にだけは限りなく優しく
どっしりとした父親だ。 女優ソン・ヘギョも17歳の年齢で母親になったが、
しっかり者の性格で息子を見守るミラ役を演じる。来年初めにクランクイン
予定。





ISPLUS/中央日報日本語版 2013.12.02より


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。